【2016年05月21日(土)】 飯田丸五階櫓(熊本城)
熊本地震発災後35日
12bbb

2016年4月16日(土)深夜の午前1時25分に発生した熊本地震本震(M7.3) から35日。
現在も強めの余震が連日続き、大分でも更なる強震に怯えながら過ごしているが、
各々目の前の仕事をして日常生活を取り戻しつつあり、とにかく余震の収束を待ち望んでいる。

前震、本震、度重なる余震で甚大な被害に遭った、熊本の象徴的な存在である熊本城を再訪。

飯田丸五階櫓は石垣が大きく崩れるも、角石で踏ん張っていた姿も印象的。
個人的には熊本城大天守に震災直前の2月20日に入城したばかりだった。

本震(M7.3) から35日後の2016年05月21日、再び甚大な被害に遭った熊本城へ

車で近づくと、奥に飯田丸五階櫓と大天守が覗き、正面に櫨方門(はぜかたもん)前の馬具櫓。
手前には熊本城を背にして清正公銅像が鎮座。
11



近場の有料駐車場に停めて、
須戸口門から長塀をみながら櫨方門方面へ歩いて移動。
15



長塀沿いを歩き、茂った木々の間から飯田丸五階櫓が覗いた。
20



石垣が壊れた馬具櫓と奥に飯田丸五階櫓。
22



櫨方門(はぜかたもん)前の馬具櫓は、石垣が倒壊し、
飯田丸のように角石で踏ん張っていた。
25




こちらは2016年5月7日に訪れた際の櫨方門前の馬具櫓。

この時点で土台の石垣は崩れていなかったが、3日後の5月10日に降った大雨によって
度重なる地震で傷んでいた石垣が崩壊してしまったようだ。
90




櫨方門(はぜかたもん)から眺めた、飯田丸五階櫓。
手前に立入禁止フェンスが設けられており、茂った木々に隠れて全体像が見えにくい。
石垣は土砂と共に無残に崩落していた。
30



左端へ移動すると、飯田丸五階櫓がなんとか姿を現した。
後方に大天守も確認。
32



木々の隙間から角石で踏ん張っていた姿を確認。
34



櫨方門前に設けられていた地図。
35




こちらは2010年12月5日に訪れた際の飯田丸五階櫓。
櫨方門(はぜかたもん)から料金を支払って入城。
手前に備前堀、その奥に大天守。
20


竹の丸から眺めた美しい石垣と大天守
21


大天守と二様の石垣。
24






観光商業施設、桜の馬場 城彩苑から眺めた飯田丸五階櫓。
50




飯田丸五階櫓。
51




城彩苑に設けられていた地図と説明書き。
53




二の丸に歩いて移動し、
眺めた大天守と小天守、そして左手前に宇土櫓(うとやぐら)。
13




大天守と小天守、そして手前に宇土櫓(うとやぐら)。
11




大天守と宇土櫓(うとやぐら)。
10





こちらは2016年06月12日、一般解放されていた熊本市役所14階から俯瞰した熊本城。
左端に飯田丸五階櫓。
10




飯田丸五階櫓。
石垣が大きく崩れるも、角石で踏ん張っていた。

12


公式サイトによる飯田丸五階櫓の紹介によると、
熊本城の本丸は「天守台」「平左衛門丸(へいざえもんまる)」「数寄屋丸(すきやまる)」
 「飯田丸(いいだまる)」「東竹の丸(ひがしたけのまる)」「竹の丸(たけのまる)」
 「西出丸(にしでまる)」に分けることができます。

 飯田丸の南西隅に建つ五階建ての櫓が「飯田丸五階櫓」です。
 飯田丸の名称は加藤清正(かとうきよまさ)の重臣、飯田覚兵衛(いいだかくべえ)が
 管理していたことから、こう呼ばれるようになりました。
 熊本城南面防衛の要であり、櫓と塀で囲い込まれ、内部には井戸や台所、
 鉄砲蔵までも設けられています。
 西面には西櫓門を備え、出撃することも可能です。
 つまり飯田丸だけでも小さな城の機能を持っているのです。
 その小さなお城の天守閣の役目を果たすのが飯田丸五階櫓だったのです。

 明治になり熊本城に鎮台が置かれると、「不要建物」として取り壊されてしまいましたが、
 その優美な姿は古写真に残され、多くの市民が復元を望み、平成17年に復元が完成しました。

とのこと。
17




以前、竹の丸から眺めた、美しい石垣と大天守が思い出される。
21




こちらは本丸御殿と大天守。
15




20



こちらは2016年06月11日、震災被害から復活したばかりの加藤神社に参拝し、
境内前から眺めた宇土櫓(うとやぐら)、奥に大天守と小天守。
11



境内から眺めた大天守と小天守。
現時点では加藤神社の境内が最も近くでみられる印象。

30



大天守。
31





2016年05月21日、陽射しが戻った長塀前から眺めた飯田丸五階櫓。
ここからだと石垣が壊れていることはわからないが、
無理なく身近な位置から観ることができる印象。

今後復旧の道のりは険しく、長期となるでしょうが、
美しい熊本の象徴が復活してゆく過程を見守っております。
60