【2016年06月12日(日)】 ラーメン樹(いつき)@保田窪(熊本市東区)
醤油ワンタンメン
21b

2016年4月16日(土)深夜の午前1時25分に発生した熊本地震本震(M7.3) から58日。
現在も余震が連日続き、大分でも更なる強震に怯えながら過ごしているが、
各々目の前の仕事をして日常生活を取り戻しつつあり、とにかく余震の収束を待ち望んでいる。

甚大な被害を受けた益城町や南阿蘇村が大きく報道されることが多いけれど、
熊本市内も局地的に大きく被災しており、繁華街も地味に被害が出ており大変そう。

本日は昨年末、熊本市東区保田窪にオープンしていた新店、
ラーメン樹(いつき)@保田窪(熊本市東区)さんを訪問し、
美しい「醤油ワンタンメン」を味わった。

しとしと降る雨天の朝、熊本県の小国町を経由して阿蘇外輪山へ。

大観峰から内牧温泉街へは下らず、阿蘇外輪山を反時計回りで走行する
濃霧に包まれたミルクロードを粛々と進み、大津町へ下った。
50



局地的にブルーシートを覆った屋根の家屋が点在する大津町から
甚大な被害に遭った西原村へ。
50



51




先に西原村にある東京 大勝軒@西原村(熊本県阿蘇郡)さんを再訪して、
「もりそば」を。
60





その後、熊本市東区保田窪にオープンしていた
ラーメン樹(いつき)@保田窪(熊本市東区)さんを目指して移動。

熊本市内もブルーシートを覆った屋根の家屋が点在。
10



店舗を確認。
11



12



店内の食券機で「醤油ワンタンメン」を選択。
20


のせもの具材等、全体的に抜け目なく作られた醤油ラーメンにニンマリ。

透明感を残して醤油色に染まった、綺麗なさらりとしたスープ。
表面には脂の輪が妖しく浮かぶ。

いわゆる華のある魚介系には大きく振れておらず、
醤油ダレが主張して、ベースの出汁が支えて旨みが上手に膨らんだ。

しみじみ美味しいですねー

麺は、むちにちした食感のストレート細麺。

塩と醤油、そして月替わりの創作メニューも提供中で、
次回は是非塩も味わいたい。

ごちそうさまでした。
21



22



23



24
ラーメン樹(いつき) 熊本市東区保田窪5-9-83 醤油ワンタンメン