【2017年5月4日(木)】 マツワキ食堂@肝付町南方(鹿児島県肝属郡)
ラーメン
21b

鹿児島県の大隅半島南部にあるロケットの街、内之浦にある地域密着の人気店、
マツワキ食堂@肝付町南方(鹿児島県肝属郡)さんを再訪。

本日も、「ラーメン」を味わった。
志布志市から肝付町の内之浦へ戻る形で移動開始。
天候が崩れ、雨の中長閑な海岸線を進んだ。
80



81



大隅半島(鹿児島県)の南東部にある内之浦地区(肝付町南方)。
平成の大合併で内之浦町と高山町が合併(平成17年)して肝付町となっている。

肝付町の公式サイトには、
観光スポットとして下記のように内之浦宇宙空間観測所(USC)が紹介されていた。

平成15(2003)年5月9日には、小惑星「イトカワ」でのサンプル採取と
 リターンをミッションとした小惑星探査機「はやぶさ」もここ内之浦から
 打ち上げられており、「はやぶさ」の母港としても有名です。

 また、平成25(2013)年9月14日には、
 新型固体燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げが行われました。
 この観測所からの衛星搭載ロケット打ち上げが7年振りであることに加え、
 12年振りに開発された新型国産ロケット打ち上げということもあり、
 全国から注目を集めました。
』云々とのこと。


実際に内之浦地区を訪れると、巨大なロケットの模型や宇宙関連設備、
そしてロケットデザインのオブジェやイラストがある。

橋の欄干にもロケットが。
70



90



内之浦の港。
82



鹿児島県の大隅半島南東部にあるロケットの街、内之浦にある地域密着の人気店、
マツワキ食堂@肝付町南方(鹿児島県肝属郡)さんを再訪。
61



駐車場は店舗向かって右側に設けられている。
60



テーブル席のみの店内。

「ラーメン」をお願いすると、
大盛りのサービス漬物が先に配膳された。
15



「ラーメン」が配膳。
20


軽く白濁したくらいの如何にも素朴な獣スープに粘度は無く、
さらりとしたもの。
浮かんだ脂の量は少なめ。

大ぶりの豚バラチャーシューが横たわり、
多めの胡椒、モヤシ、ネギだけが添えられているシンプルな表情。

スープを口に含むと、ふんわり心地よい獣の香りが舞い、
醤油ダレの効きは穏やかで、むわわんと自然なあまみが現れ、
旨みが上手に膨らむ。

懐かしい味わいで、美味しいですねー

対照的に大ぶりの豚バラチャーシューは味濃い仕上がりで、
アクセントとなっている。

自家製麺らしい太麺は、ぐち・むち・にっちんした硬い武骨な食感で、
存在感あるもの。

大盛りのサービス漬物は、塩分強めの仕上がりで、
ラーメンと一緒に食べ進んだ。

地元民に親しまれている飾りっ気のない日常の味を満喫。

ごちそうさまでした。
21



22
ラーメンの店 マツワキ 鹿児島県肝属郡肝付町南方114-2 ラーメン
訪問履歴 
2017_05_04 ラーメン
2009_04_29 大盛りラーメン