【2017年11月03日(金祝)】 1番曳山 赤獅子(刀町 文政2年 1819年) 唐津くんち2017
唐津神社前
13b

天平勝宝7年(755年)創建と云う唐津神社の秋季例大祭、
唐津くんち 曳山 平成29年の「お旅所神幸」を宴前の午前9時過ぎより
唐津神社前大鳥居の参道から鬼にょ〜さんと一緒に観る。

街は大賑わいで、昨年ユネスコ無形文化遺産登録されて今回が初開催だったこともあり、
報道では観客が1万人増えて約30万人だったとのこと。

午前9時半に花火が上がり、唐津神社前から神輿の前後を守って豪華な漆塗りの全曳山が従い、
大太鼓、しめ太鼓、鐘、笛の囃子を奏でて明神台(西の浜お旅所)までの巡行開始。

曳山は1番曳山 赤獅子(刀町 文政2年 1819年)から14番曳山 七宝丸まで
製作年代順に旧城下町をぐるりと巡り、西の浜お旅所へ曳き込む流れ。

先ずは最も古い、1番曳山 赤獅子(刀町 文政2年 1819年)の巡行から。


午前9時過ぎ、歩いて唐津神社方面へ進むと、
法被を羽織った曳子(ひきこ)達の姿が。

唐津神社脇の通りは既に車両の通行規制が掛けられており、多数の露店が並ぶ。

唐津神社と唐津市民会館前は、
曳子装束で正装した大勢の曳子と観客で溢れていた。

こちらは唐津神社大鳥居前の参道に製作年代順に整列した
総漆塗りと云われる豪華な全曳山。
20



曳山前に曳子と観光客が犇めく中、
巡行が終わるまではお手上げ状態の露店を背にして至近距離から見物。

向かって左から8番曳山 金獅子、9番曳山 武田信玄の兜、10番曳山 上杉謙信の兜、
11番曳山 酒呑童子と源頼光の兜、12番曳山 珠取獅子。
22




30




向かって左から1番曳山 赤獅子、2番曳山 青獅子、3番曳山 亀と浦島太郎。
35




最も古い1番曳山 赤獅子と2番曳山 青獅子。
36




大賑わいの会場、いよいよ開始まであと10分と迫った。
40




42




1番曳山 赤獅子、2番曳山 青獅子。
43




午前9時半、巡行開始を知らせる花火が上がり、
遂に1番曳山 赤獅子(刀町 文政2年 1819年)の巡行が始まった。

15



ヤマが目の前に迫る。
12




13




15




14




旧城下町をぐるりと巡り、西の浜お旅所へ曳き込まれる
16