【2018年02月03日(土)】 PRINCE of the FRUIT@薬院(福岡市中央区)
静岡県産クラウンメロンパフェ
41b

薬院四丁目にある賑わうフルーツパフェ専門店、
プリンスオブザフルーツ(PRINCE of the FRUIT)@薬院(福岡市中央区)さんを訪問。

私は「静岡県産 クラウンメロンパフェ」を、
てん子さんは「高知県産 水晶文旦パフェ」を選択。

今回はマスクメロンの最高峰と云う「静岡県産 クラウンメロンパフェ」を紹介。

お昼時を過ぎた時間帯に薬院にあるフルーツパフェ専門店、
プリンスオブザフルーツ(PRINCE of the FRUIT)@薬院(中央区)さんを訪問。
10



店内は満席で、
暫し入口の椅子に座って待ってから席へ通された。

こちらは本日のメニュー。
15



16




私は「静岡県産 クラウンメロン パフェ 2000円」を、
てん子さんは「高知県産 水晶文旦パフェ 1900円」を選択。
20




先ずは、静岡県産 クラウンメロンパフェを紹介。
40


カットされたクラウンメロンが大胆に開いて聳え立つ
静岡県産クラウンメロンパフェ。

見た目通り艶やかな果肉はじゅわっとしており、噛み込むと果汁が溢れ、
明快な強い風味としっかりとした甘みがある上品な仕上がり。

うはは、直接的に美味しいですねー

メニュー説明によると、
『クラウンメロンは、マスクメロンの最高峰。
 寒い冬の今が食べ頃。
 「山」等級は百貨店品と同等です。
 クラウンメロンは食べ頃が肝心、溢れる果汁、とろける舌触り、
 まさに果物の王様です。
 ジェラート:濃厚バニラ×ヨーグルト』とのこと。

更に静岡県温室農業協同組合クラウンメロン支所の公式サイトによると、
『クラウンメロン、マスクメロンのシンボルとされているT字形のつる。
 これは1本の木に1つの果実だけを実らせたことの証明です。
 1個の果実に1本の木の全栄養を注ぎ込んではじめて、
 果物の王様といわれるマスクメロンの、
 そのなかでも最高の名を冠せられているクラウンメロンが誕生するのです。
 そしてまた、その一つひとつの珠玉の実には、
 長い伝統によって培われたプロフエッショナルたちの卓越した
 栽培ノウハウも注ぎ込まれています。
 栽培者たちの名人芸によって生まれる究極の味。
 クラウンメロンは、今後も最高であり続けます。』とのこと。

ちなみに本日食べた 「山」等級は、1000ケースに1ケースあるかないかの
貴重品・最高品質の「富士」に次ぐ上から二番目の良質なメロンだそうだ。

ごちそうさまでした。
41



43
プリンスオブザフルーツ(PRINCE of the FRUIT) 福岡市中央区薬院4-18-17
静岡県産クラウンメロンパフェ 2000円

訪問履歴
2018_06_17 宮崎県産 完熟マンゴー パフェ 3000円
2018_06_17 静岡県産 クラウンメロン パフェ 2000円
2018_05_27 山形県産 佐藤錦さくらんぼ パフェ 2500円
2018_05_27 宮崎県産 完熟マンゴー パフェ 3000円
2018_05_27 静岡県産 クラウンメロン パフェ 2000円
2018_05_27 佐賀県産 日川白鳳 桃パフェ 1900円
2018_02_03 高知県産 水晶文旦パフェ 1900円
2018_02_03 静岡県産 クラウンメロン パフェ 2000円