【2018年03月03日(土)】 ラーメン峠@溝辺町(鹿児島県霧島市
チャーシューメン
21b

朝から今年もともちゃん&せいさんと一緒に恒例となった「人吉〜鹿児島巡り」へ。
人吉市内の旅館泊まりで鹿児島県の霧島市を中心に楽しむ。

午前10時に熊本県の人吉市内で集合し、せいさんの運転で鹿児島へ向かい、
ともちゃのオススメでラーメン峠@溝辺町(鹿児島県霧島市さんを訪問。

大迫力の旨い「チャーシューメン」を楽しんだ。

深夜、御船ICから九州自動車道を下り、宮原SAで暫し仮眠。
夜が明けると、雨天予報でも惷が覗いていた。
10



九州自動車道を南下して県南の人吉市へ移動開始。

手前の山江SAでは青空が覗いていたが、
人吉市内は濃霧に覆われていた。
20



集合までの時間を活用して、
単独で青井阿蘇神社@人吉市を参拝。

桃山風と云われる立派な萱葺き屋根の楼門。
80




更に午前9時から営業している人気店、
NATURAL(ナチュラル)人吉店@瓦屋町(人吉市)さんを再訪。

空腹だったので今回は朝食としてパンを4種購入。

たまご・野菜サンド、クローネ、ミルキーフランス、
そしてたこやきパンの順で食べ進んだ。
30




午前10時に人吉市内でともちゃん&せいさんと合流し、
せいさんの運転で鹿児島県の霧島市へ向かうことに。
50




溝辺町に近づくと茶畑が広がった。
17



ともちゃのオススメで賑わう
ラーメン峠@溝辺町(鹿児島県霧島市)さんを訪問。

立地は鹿児島空港近く。

看板には「自家製麺」と掲げられてある。
10



店内は盛況で、正面の食券機で「チャーシューメン小」を選択し、
右奥のカウンター席へ滑り込んだ。
16



鹿児島らしくサービス漬物が付いた。
30



「チャーシューメン小」が配膳。
20


事前にともちゃんからは、
「先の予定があるのだから、チャーシューメンではなくラーメンを」との
助言があったものの、せいさんと私は敢えて二人共チャーシューメンを選択。

大胆にぶ厚く切られた、やわらかそうな豚バラチャーシューが表面を覆った
如何にも迫力ある表情に納得。

主役は、チャーシューとなりそうだ。

看板に「自家製麺」と掲げられた個性的な厚みのある平打ち麺は、
表面つるりで、むっち・にっちした暴れん坊な剛食感。

やわらかい豚バラチャーシューを美味しく食べる為に合わせられたような
軽く白濁したスープに過剰な粘度はなく、あまみのある穏やかな味わい。

やわらかい豚バラチャーシューの旨みや脂がダイレクトに重なり、
個性的な麺と一緒にモリモリと食べ進む。

うはは、こりゃ美味しいですねー

お客さんは観光客というより、
日常的に親しんでいる地元民らしき方々が多かった印象。

やっぱり鹿児島ではチャーシューが美味しいことが多いことを実感し、
大満足の一杯となった。

ごちそうさまでした。
21



22
ラーメン峠 鹿児島県霧島市溝辺町麓308-3 チャーシューメン小680円