【2018年10月05日(金)】 鳴龍@大塚(東京都豊島区)
醤油チャーシュー麺
21b

東京巡り3泊4日初日の夕食は、作り込まれた美味しい醤油ラーメンを求めて、
創作麺工房 鳴龍@大塚(東京都豊島区)さんを3年連続で再訪。

海外を含めたお客さんの集中に備えて開店一時間前から並び、大正解。
「醤油チャーシュー麺」を味わった。


金曜日の夕食は宿泊ホテルから大塚へ移動して、
鳴龍@大塚(豊島区)さんを再訪することに。

山手線の大塚駅からてくてく歩き、開店一時間前には到着。
先客は数名で、その後続々と増えていった。

粛々と店頭で待つ。
15



開店時間には店舗向かいまで行列が伸びていた。
10



11



昨年は「特製醤油拉麺」と「担坦麺」を食べていたので、
店内右側の食券機で「醤油チャーシュー麺」を選択。
20


御主人自ら厨房に立って提供された美しい醤油チャーシュー麺。
中央には大胆に大きな質感ある厚切り炙り焼きチャーシューが鎮座。

濃い醤油色に染まった妖しいスープは表面に脂の輪が浮き、
一昨年は強烈過ぎる程だった醤油の主張が幾分抑えられており、
更に支える獣や魚介重層出汁がグイっと湧き出す旨み豊かな味わい。

美味しいですねー

受け止めるしなやかな自家製麺は、むちにちした食感の中細麺。

大きな厚切り炙り焼きチャーシューは質感があるも、
ボリュームあり過ぎという贅沢な状態。
更に豚バラチャーシューまで敷かれている。

丁寧に作り込まれた質感ある醤油ラーメンで、
作り手の意欲をビシビシ感じて堪能。
東京ならではの手づくりラーメンを味わえて嬉しい。

美味しさだけだと「醤油チャーシュー麺」より
昨年食べた「特製醤油拉麺」の方が満足度が高いかも。

ちなみに個人的にMISTは、表参道ヒルズにあった当時の店舗のみ
塩柳麺」と「正油柳麺」を食べていた。

ごちそうさまでした。
21



23



24



25
鳴龍 東京都豊島区大塚2-34-4 醤油チャーシュー麺

訪問履歴
2018_10_05 醤油チャーシュー麺
2017_10_07 特製醤油拉麺、  担坦麺
2016_09_16 醤油チャーシュー麺




こちらは2017年10月7日に食べた、「特製醤油拉麺」画像。
20



こちらは、小さいチャーシューご飯画像。
25




こちらは2017年10月7日に食べた、「担坦麺」画像。
30





こちらは2016年9月16日に食べた、「醤油チャーシュー麺」画像。
21