【2018年12月15日(土)】 来来(らいらい)@片島(福岡県飯塚市)
中華そば並
2018_12_15_rairai21

毎年12月第三週の土曜夜は、北部九州の麺関係者による忘年会が北九州市で開催されており、
会場は4年連続で予約が取れないミシュランガイド福岡・佐賀2014にもビブグルマン評価で
掲載されている人気店、酒房 魚虎@熊手(八幡西区)さんにて。
今年も終盤戦に魚虎の熱い御主人による「黒門&黒木リスペクトラーメン」がサプライズ提供。

早朝から飯塚市へ向かい
来来(らいらい)@片島(福岡県飯塚市)さんを再訪し、
店頭で熊本から訪れた友人せいさんと合流。

ラーメンを示す幟はもちろん、暖簾や屋号看板すら掲げておらず、
外観からラーメン店とは分かり難いが、
口コミで手づくり感ある素朴なラーメンと熱意ある御主人の評判が広がっている。

本日は、手づくり感ある「中華そば並」を楽しんだ。

北部九州の麺関係者による忘年会前後の時間を活用しまくって
熊本のせいさん&鬼にょ〜さんと一緒に北部九州を食べ歩く。
2018_12_15_uo20



車のフロントガラスが凍り付いた霜で真っ白となった
マイナス3度に冷え込んだ夜明け前から福岡県の飯塚市へ向かい、
来来@飯塚市(福岡県)さんを目指す。

一旦朝倉市の杷木で停まり、日の出を眺めた。
2018_12_15_rairai50



無料となった冷水トンネルを抜けて飯塚市へ近づくと、
虹が掛かっていた。
2018_12_15_rairai51



予定時間前には到着し、暫し店頭で待つ。
その後せいさんと無事合流した。
2018_12_15_rairai10



御主人から準備が整ったとのことで厨房を囲むカウンター席に通され、
「中華そば並」をお願い。
2018_12_15_rairai20


表面に脂の輪が浮き、透明感を残した美しいスープ。
ネギや海苔が削られて、よりシンプルな表情に。

獣の心地良い風味がふんわり香り、穏やかな旨みがじわわんと膨らむ。
醤油ダレの利きは程よく、丁度良いくらい。
獣出汁自体をじっくり楽しめる味わい。

美味しいですねー

泳ぐ麺は、むんに・にちとした食感の一体感あるストレート中麺。

手づくり感溢れるとても丁寧に作られたラーメン。

今年は来来の熱い御主人と一緒に宮崎県の食べ歩きをしたり、
唐津宴や忘年会で会ったりと、じっくり語り合う時間を多く持てた年となった印象。

ごちそうさまでした。
2018_12_15_rairai21



2018_12_15_rairai23



2018_12_15_rairai25
来来(らいらい) 福岡県飯塚市片島1-3-38 中華そば並600円
訪問履歴
2018_12_23 中華そば並
2018_12_15 中華そば並
2018_12_01 中華そば並
2018_11_04 中華そば並
2018_09_02 中華そば並
2018_07_29 中華そば並
2018_05_27 中華そば並
2018_04_01 中華そば並
2018_01_13 中華そば並
2017_09_30 中華そば並
2017_05_07 中華そば並
2017_04_09 中華そば並
2017_03_19 中華そば並
2017_01_14 中華そば並 
2017_05_07 中華そば並
2016_12_11 中華そば並
2016_10_15 中華そば並
2016_06_26 中華そば並
2016_03_27  中華そば並
2016_02_21  中華そば並
2015_12_12 中華そば並
2015_09_06 中華そば並
2015_08_08 中華そば並
2015_06_28 中華そば並
2015_04_26 中華そば並
2015_02_01 中華そば並
2015_01_24 中華そば並
2014_12_27 中華そば並
2014_12_14 中華そば並
2014_09_28 中華そば並
2014_09_21 中華そば並
2014_08_03 中華そば並
2014_06_08 中華そば並
2014_03_30 中華そば並
2014_03_02 中華そば並
2014_02_10 中華そば並