【2019年9月14日(土)】 中華そば かわい@川内町(徳島市)
中華そば・肉玉子入り小
2019_09_14_kawai21

三連休を活用し、三泊四日にて「香川県&徳島県巡り2019」へ。

香川県の谷川米穀店@まんのう町川東(仲多度郡)さんから山道を南へ進み、
長い三頭トンネルを抜けて「徳島中華そば」狙いで徳島県入り。

徳島市の川内町にある地元民で賑わう人気店、
中華そば かわい@川内町(徳島市)さんを訪問。

本日は「
中華そば・肉玉子入り小」を味わった。

臨時休業していた奥地の
谷川米穀店@まんのう町川東(香川県仲多度郡)さんから離脱。
2019_09_14_tani22



ならばと山道の国道438号線を南下して
道の駅ことなみでひと休み。
2019_09_14_kawai91



長い三頭トンネルを抜けて一気に徳島県入り。
徳島県入りした鎧嶽。
2019_09_14_kawai95



長閑な美馬町。
2019_09_14_kawai96



山道を美馬町へ下り、
美馬ICから徳島自動車道に乗り、徳島ICまで走行。
2019_09_14_kawai99



高速道路を徳島ICで降りて国道11
号線を北上。

更に
分岐して少し進んだ県道220号線沿いに佇む、
徳島市の川内町にある地元民で賑わう人気店、
中華そば かわい@川内町(徳島市)さんを訪問。
2019_09_14_kawai10



賑わう店内は満席で、専用駐車場が多くはないので、
停めるまでは一苦労。
2019_09_14_kawai11



暫し暖簾の前で待った。
2019_09_14_kawai15



スタッフさんから案内され、
厨房前のカウンター席へ。

中華そば・肉玉子入り小」をお願いした。
2019_09_14_kawai20


現在は閉店(2008年8月末)している老舗、阿波一@徳島市に師事したと云われる
中華そば かわい@川内町(徳島市)さんの中華そば。

「肉玉子入り」を選択したので表面を豚バラチャーシューが覆い、
茶濁したスープが覗く。

茶濁スープは醤油ダレの主張が比較的穏やかで、
旨みとあまみがゆっくり膨らむやさしい味わい。
添えられたやわらかい豚バラチャーシューとモヤシも活躍。

美味しいですねー

麺は、むちりとした食感のストレート細麺。

店内に活気があり、地元密着の優良店に大満足。
今風に振れていない独自路線の素朴な味わいも大きな魅力。

ちなみに徳島中華そば(徳島ラーメン)の分類は一般的に
「茶系」、「黄系」、「白系」で紹介されることが多いが、
こちらはの位置づけは見た目だけでは結構難しい。
スープの色は茶に振れてはいるが、
醬油の利きや豚バラ肉の具合が茶系とは異なるので
茶に振れた黄系の
チャーシュー個性派版なのだろう。

ごちそうさまでした。
2019_09_14_kawai21



2019_09_14_kawai22
中華そば かわい 徳島市川内町加賀須野436-4
中華そば・肉玉子入り小 800円