【2019年11月24日(日)】 福岡ソフトバンクホークス日本一優勝祝賀バレード2019
天神パルコ前
2019_10_24_pa38

小雨が降る午前11時過ぎ、三年連続で日本一となった
福岡ソフトバンクホークス日本一優勝祝賀バレード2019
天神の沿道からお祝いし、皆手を振る。

主催者発表では雨天でも約25万人が沿道に詰め掛け、声援を送った。

先頭のオープンカーには王会長、工藤監督、柳田選手会長が登場。

朝から順調に福岡市入り。

本日は中心街にて午前11時から三年連続で日本一となった
福岡ソフトバンクホークス日本一優勝祝賀バレード2019が
開催される予定で、今回は天神の沿道からお祝いすることに。

予め博多駅周辺に駐車して、
交通規制された天神へは市営地下鉄にて移動。

今日は大相撲九州場所も千秋楽を迎える。
2019_10_24_asa10




地下鉄は博多から乗り込む者がかなり多く、
天神の街にぞろぞろと流れ込んだ。

パレード開始約1時間前のパルコ前もびっしり。
2019_10_24_asa20




明治通り沿いのパルコ前に移動して粛々と一時間待つ。
独特の耐える時間帯が続いた。
2019_10_24_pa31



小雨が降り続き、時折強風も吹きつける厳しい天気。
紅葉した木々の葉が激しく舞うほど。

午前11時を過ぎ、到着直前に雨脚が弱まった。

後ろの観客の為に傘を畳んで濡れながら待っていると、歓声が響き、
KRY山口放送の報道車両が先導して
遂に先頭のオープンカーが現れた。
2019_10_24_pa33



歓声が沸く。
2019_10_24_pa35




先頭のオープンカーには王会長、工藤監督、柳田選手会長が登場。
2019_10_24_pa37




王会長と工藤監督の表情を確認でき、皆さん大盛り上がり、
手を振る。

2019_10_24_pa38




二年間選手会長を務めた柳田悠岐選手会長が
先頭で沿道からの大声援に応えていた。

2019_10_24_pa39