麺が好きィ〜!ブログえぬ(N)

麺を中心に食べ歩き。 福岡、北九州、佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島、長崎、沖縄、 関東、関西、四国、さぬきうどん、そば等々。 えぬ(N)

佐賀県のラーメン

鶴乃堂本舗@松原(佐賀市)肉まんじゅう

【2018年07月08日(日)】 鶴乃堂本舗@松原(佐賀市)
肉まんじゅう7個
10b

豪雨の翌々日、名物の「肉まんじゅう」を求めて佐嘉神社前にある
鶴乃堂本舗@松原(佐賀市)さんを再訪。

熱々の肉まんじゅう7個を購入し、さっそく味わった。

続きを読む

もとむら@鍋島町(佐賀市)ラーメン

【2018年06月10日(日)】 もとむら@鍋島町(佐賀市)
ラーメン
21b

鍋島にある
らーめん もとむら@鍋島町(佐賀市)さんを再訪。

以前は「一休軒鍋島店」と掲げられた老舗だったが、
現在は大人の事情で屋号を「らーめん もとむら」と変更され、
今尚御主人が現役で厨房に立ち続けてくださっている。

本日は、ラーメンを味わった。

続きを読む

一光軒@相知町町切(佐賀県唐津市)大盛チャーシューメン

【2018年04月07日(土)】 一光軒@相知町町切(佐賀県唐津市)
大盛チャーシューメン+おにぎりコンビ
21b

佐賀県唐津市郊外の相知町町切にある、
大好きな一光軒@相知町町切(佐賀県唐津市)さんを再訪。

2016年末に突然閉店した人気老舗の一竜軒@菜畑(佐賀県唐津市)さんで
閉店までの七年以上修行したお弟子さん、遠藤さん夫妻が開店させたお店。

個人的には開店から約一年で15度目の訪問となる。
本日は、「大盛チャーシューメン+おにぎりコンビ」を楽しんだ。

続きを読む

いちげん。@川副町(佐賀市)海苔ラーメン

【2018年06月10日(日)】 いちげん。@川副町(佐賀市)
海苔ラーメン
31b

日曜の昼は、九州屈指の旨い手づくり豚骨ラーメンを味わえる
いちげん。@川副町(佐賀市)さんを再訪。

「ラーメン+佐賀有明海苔」を楽しんだ。

続きを読む

一光軒@相知町町切(佐賀県唐津市)大盛チャーシューメン

【2018年01月06日(土)】 一光軒@相知町町切(佐賀県唐津市)
大盛りチャーシューメン+おにぎりコンビ
10b

2016年末に突然閉店した人気老舗の一竜軒@菜畑(佐賀県唐津市)さんで
閉店までの七年以上修行したお弟子さん、遠藤さん夫妻が開店させたお店、
一光軒@相知町町切(佐賀県唐津市)さんを再訪。

個人的には開店から約10ヵ月で13度目の訪問となる。

昨年3月下旬オープン以降の2ヵ月間は味に試行錯誤して随分苦しんでいたようだが、
4月下旬から味が劇的に改善され、
ぐっと師匠の一竜軒さんに寄った嬉しい味わいへ変化している印象。

本日は、「大盛りチャーシューメン+おにぎりコンビ」を楽しんだ。

続きを読む

いちげん。@川副町(佐賀市)チャーシューメン+佐賀有明海苔

【2018年01月03日(水)】 いちげん。@川副町(佐賀市)
チャーシューメン+佐賀有明海苔
10b

正月三日、今年も佐賀に集合して命の洗濯&三麺参りへ。

昨年同様ケパサさん、ごまひげさん、べーやんさんと佐賀市内で合流。
厨房に立ち続けるごまひげさんとゆ〜ったり過ごせるのは正月くらいで、
御一緒した方々とは一期一会の貴重な機会となる。
今や一年を無事に過ごせたことを互いに実感できる感慨深いイベントだ。

先ずは九州屈指の旨い手づくり豚骨ラーメンを味わえる
いちげん。@川副町(佐賀市)さんを再訪。
個人的には二日連続となり、「チャーシューメン+佐賀有明海苔」を楽しんだ。

続きを読む

世界の結城ちゃんぽん@相知町山崎(佐賀県唐津市)

【2018年01月06日(土)】 世界の結城ちゃんぽん@相知町山崎(佐賀県唐津市)
ちゃんぽん
10

正月明けの三連休初日は佐賀県の唐津市を巡る。

お目当ての一光軒@相知町町切(佐賀県唐津市)さんで「チャーシューメン大盛
+おにぎりコンビ」を食べ、唐津うまかもん市場へ向かっていると、
相知町山崎に店頭の駐車場を埋め尽くして賑わう真新しいちゃんぽん店、
世界の結城ちゃんぽん@相知町山崎(佐賀県唐津市)さんが目に留まった。

暖簾には小さく「Yuki-Chanpon since1927」と刻まれており、
閉店している結城食堂@厳木町さんを想わせるが、
屋号をネット検索するも、詳しい経緯は特定できなかったので飛び込み、
看板メニューであろう「ちゃんぽん」を味わった。

続きを読む

新SUN@若宮(佐賀市)

【2018年01月02日(火)】 新SUN@若宮(佐賀市)
フルーツタルト5種
10b

正月二日は、今年もFruits Garden SHIN-SUN(新SUN)@若宮(佐賀市)さんを再訪。

本日二階のフルーツパーラーは休業していたので
一階にてフルーツタルト5種(マスクメロンタルト、シャインマスカットタルト、
焼きリンゴタルト、イチゴ・クリームタルト、チョコ完熟バナナタルト)を購入。

先ずは、「マスクメロンタルト」を紹介。

続きを読む

佐賀 秀ちゃんラーメン@杵島郡白石町(佐賀県)

【2018年01月02日(火)】 佐賀秀ちゃんラーメン@諸富町(佐賀市)
ラーメン並
10b

正月二日、今年も賑わう佐賀 秀ちゃんラーメン@杵島郡白石町(佐賀県)さんを再訪し、
「ラーメン並」を味わった。

続きを読む

大臣閣@諸富町(佐賀市) ラーメン並

【2018年01月02日(火)】 大臣閣@諸富町(佐賀市)
ラーメン並
10b

正月二日、恒例となった大臣閣@諸富町(佐賀市)さんを再訪し、
今年も「ラーメン並」を感慨深く味わった。

続きを読む

いちげん。@川副町(佐賀市)特製ラーメン+佐賀有明海苔

【2018年01月02日(火)】 いちげん。@川副町(佐賀市)
特製ラーメン+佐賀有明海苔
10b

正月二日、2018年の初麺は九州に数あるラーメン店の中から
いちげん。@川副町(佐賀市)さんを再訪し、「特製ラーメン+佐賀有明海苔」を。

年明け早々こんな質感ある手づくりラーメンを味わえて嬉しい。

続きを読む

唐津&北九州食べ歩きと北九州麺忘年会

【2017年12月16日(土)】 唐津&北九州食べ歩きと北九州麺忘年会
ラーメン&宴+黒門・黒木リスペクトラーメン
40b

12月16日(土)は熊本からと東京組との食べ歩きと麺関係忘年会がトリプルで重なり、
分刻みの濃密な二日間に。

毎年12月第三週の土曜は北部九州の麺関係者による忘年会が北九州市で開催されており、
会場は3年連続で予約が取れないミシュランガイド福岡・佐賀2014にもビブグルマン評価で
掲載されている人気店、酒房 魚虎@熊手(八幡西区)さんにて。
しかも日付が変わったところで、魚虎の熱い御主人による「黒門&黒木リスペクトラーメン」が
サプライズ提供されてびーっくり。

早朝から久留米市へ向かい、JR久留米駅で午前9時に熊本から訪れた友人せいさんと合流。
続いて午前9時半に
16日(木)より東京から三泊四日で遠征しているラヲタの二人、
かずあっきぃさん(通称:ラーメン官僚さん)&尾瀬さんと同じく合流。

先ずは4人で久留米市から佐賀県の唐津市相知町へ向かった。

続きを読む

神輿 唐津くんち2017

【2017年11月03日(金祝)】 神輿 唐津くんち2017
唐津神社前
51b

天平勝宝7年(755年)創建と云う唐津神社の秋季例大祭、
唐津くんち 曳山 平成29年の「お旅所神幸」を宴前の午前9時過ぎより
唐津神社前大鳥居の参道から鬼にょ〜さんと一緒に観る。

午前9時半に花火が上がり、唐津神社前から神輿の前後を守って豪華な漆塗りの全曳山が従い、
大太鼓、しめ太鼓、鐘、笛の囃子を奏でて明神台(西の浜お旅所)までの巡行開始。

曳山は1番曳山 赤獅子(刀町 文政2年 1819年)から14番曳山 七宝丸まで
製作年代順に旧城下町をぐるりと巡り、西の浜お旅所へ曳き込む流れ。

3番目に古い3番曳山 亀と浦島太郎(材木町 天保12年 1841年)に続いて現れた
神輿の巡行を。

続きを読む

3番曳山 亀と浦島太郎(材木町 天保12年 1841年)唐津くんち2017

【2017年11月03日(金祝)】 3番曳山 亀と浦島太郎(材木町 天保12年 1841年)唐津くんち2017
唐津神社前
35b

天平勝宝7年(755年)創建と云う唐津神社の秋季例大祭、
唐津くんち 曳山 平成29年の「お旅所神幸」を宴前の午前9時過ぎより
唐津神社前大鳥居の参道から鬼にょ〜さんと一緒に観る。

午前9時半に花火が上がり、唐津神社前から神輿の前後を守って豪華な漆塗りの全曳山が従い、
大太鼓、しめ太鼓、鐘、笛の囃子を奏でて明神台(西の浜お旅所)までの巡行開始。

曳山は1番曳山 赤獅子(刀町 文政2年 1819年)から14番曳山 七宝丸まで
製作年代順に旧城下町をぐるりと巡り、西の浜お旅所へ曳き込む流れ。

3番目に古い、3番曳山 亀と浦島太郎(材木町 天保12年 1841年) の巡行を。


続きを読む

2番曳山 青獅子(中町 文政7年 1824年)唐津くんち2017

【2017年11月03日(金祝)】 2番曳山 青獅子(中町 文政7年 1824年) 唐津くんち2017
唐津神社前
24b

天平勝宝7年(755年)創建と云う唐津神社の秋季例大祭、
唐津くんち 曳山 平成29年の「お旅所神幸」を宴前の午前9時過ぎより
唐津神社大鳥居前の参道から鬼にょ〜さんと一緒に観る。

午前9時半に花火が上がり、唐津神社前から神輿の前後を守って豪華な漆塗りの全曳山が従い、
大太鼓、しめ太鼓、鐘、笛の囃子を奏でて明神台(西の浜お旅所)までの巡行開始。

曳山は1番曳山 赤獅子(刀町 文政2年 1819年)から14番曳山 七宝丸まで
製作年代順に旧城下町をぐるりと巡り、西の浜お旅所へ曳き込む流れ。

2番目に古い、2番曳山 青獅子(中町 文政7年 1824年) の巡行を。


続きを読む
Archives
Categories
Recent Comments
Profile えぬ(N)

nsan

  • ライブドアブログ