麺が好きィ〜!ブログえぬ(N)

麺を中心に食べ歩き。 福岡、北九州、佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島、長崎、沖縄、 関東、関西、四国、さぬきうどん、そば等々。 えぬ(N)

大分県南(佐伯市・津久見市・臼杵市)

香蘭@鶴岡町(大分県佐伯市)ラーメン

【2017年12月17日(日)】 香蘭@鶴岡町(大分県佐伯市)
ラーメン
10b

深夜くらいからネット上に「閉店かも??」というデリケートな情報が錯綜している、
今や佐伯のラーメンを象徴するような存在となった老舗、香蘭@鶴岡町(大分県佐伯市)さん。

個人的には公式発表を静かに見守りたい。

最近だと2018年8月26日に訪問した際に偶然御家族らしき女性がいらっしゃり、
以前から休業していた事を知らされていた。

この日(2017年12月17日)の早朝、東京から九州へラーメン食べ歩きに訪れていた、
かずあっきぃさん(通称:ラーメン官僚さん)と北九州市のJR小倉駅前で再び合流。

一緒に大分県佐伯市にある香蘭@鶴岡町(大分県佐伯市)さんを再訪し、
個性的なラーメンを味わった


続きを読む

楽天@中村東町(大分県佐伯市)にんにくとんこつ油そば

【2018年08月26日(日)】 楽天@中村東町(大分県佐伯市)
にんにくとんこつ油そば
21b

鮮やかな青空快晴に恵まれた週末日曜の朝、福岡市や北九州市から訪れた
ケパサさん、ごまひげさん、とあさんとJR別府駅西口前で待ち合わせ、
大分県内の極上温泉&観光&食を楽しむ第3回おおいた命の洗濯ツアーへ。

別府市から県南の佐伯市へ大きく南下し、
多様な手づくり創作ラーメンを提供している、
楽天@中村東町(大分県佐伯市)さんを再訪。

本日は「にんにくとんこつ油そば」を味わった。

続きを読む

拉麺屋@長島町(大分県・佐伯市) ラーメン

【2015年03月08日(日)】 拉麺屋@長島町(大分県・佐伯市)
ラーメン
10b

佐伯市は大分県内では珍しい獣の匂いがプンプン主張して、脂やニンニクを効かせた
味濃い個性的なワイルド手づくりラーメンを楽しめる地域。

本日は今まで立ち寄っていなかった、拉麺屋@長島町(大分県・佐伯市)さんを訪問し、
ラーメン」を味わった。

続きを読む

うな川@城南町(大分県・佐伯市) ラーメン+うな丼

【2015年03月08日(日)】 うな川@城南町(大分県・佐伯市)
ラーメン+うな丼
11b

佐伯市は大分県内では珍しい獣の匂いがプンプン主張して、脂やニンニクを効かせた
味濃い個性的なワイルド手づくりラーメンを楽しめる地域。

本日は今まで立ち寄っていなかった、うなぎ屋さんが提供すると云う佐伯ラーメンを
うなぎと一緒に食べようと、うな川@城南町(大分県・佐伯市)さんを訪問し、
ラーメン+うな丼」を味わった。

続きを読む

楽天@中村東町(大分県・佐伯市) にんにくとんこつ油屋そば

【2015年02月28日(土)】 楽天@中村東町(大分県・佐伯市)
にんにくとんこつ油屋そば
10b

大分県南東部に位置する佐伯市で質感ある多様な手づくり創作ラーメンを提供している、
楽天@中村東町(大分県・佐伯市)さん。

立地は、寿司割烹第二金波の直ぐ近くにある路面店。
昔ながらの味濃い佐伯ラーメンを意識した「にんにくとんこつ油そば」を筆頭に、
とんこつ塩らーめんやとんこつ醤油、更に透明感を残したとりしおや中華そば等を提供し、
麺も中太や細麺を揃えた嬉しい自家製麺。

本日は、「にんにくとんこつ油屋そば」を味わった。

続きを読む

風来山人 来々軒@直川大字仁田原(大分県・佐伯市) ラーメン

【2015年08月02日(日)】 風来山人 来々軒@直川大字仁田原(大分県・佐伯市)
ラーメン
11b

早朝から阿蘇で熊本の
せいさんと合流し、一緒に大分県央と県南の山と海を巡る。

極上炭酸泉の七里田温泉 下湯を満喫した後、美味しい「佐伯ラーメン」を求めて
久住町から竹田市の中心街を経由して長閑な山道を抜けて佐伯市直川へ移動。

先ずは個人的に大好きな、風来山人 来々軒@直川大字仁田原(大分県・佐伯市)さんを再訪。
現在は移動販売だけでなく、仁田原の実家にも店舗を構えて営業している。

続きを読む

遊楽@野岡町(大分県・佐伯市) ラーメン

【2015年08月02日(日)】 遊楽@野岡町(大分県・佐伯市)
ラーメン
10b

早朝から阿蘇で熊本のせいさんと合流し、一緒に大分県央と県南の山と海を巡る。

佐伯市は大分県内では珍しい、獣の匂がプンプン主張する脂やニンニクを効かせた
味濃い個性的なワイルド手づくりラーメンを楽しめる地域。

風来山人 来々軒@直川(佐伯市)さんと香蘭@鶴岡町(佐伯市)さんを味わった後は、
比較的新しいお店ながら今や有力な老舗を抑えて個人的に優先して食べたいと思っている
遊楽@野岡町(大分県・佐伯市)さんを再訪。

続きを読む

香蘭@鶴岡町(大分県・佐伯市) ラーメン

【2015年08月02日(日)】 香蘭@鶴岡町(大分県・佐伯市)
ラーメン
10b

早朝から阿蘇で熊本の
せいさんと合流し、一緒に大分県央と県南の山と海を巡る。

佐伯市は大分県内では珍しい、獣の匂がプンプン主張する脂やニンニクを効かせた
味濃い個性的なワイルド手づくりラーメンを楽しめる地域。

風来山人 来々軒@直川大字仁田原(佐伯市)さんを味わった後、今や佐伯のラーメンを
象徴するような存在となった老舗、
香蘭@鶴岡町(大分県・佐伯市)さんを再訪。

続きを読む

遊楽@野岡町(大分県・佐伯市) ラーメン

【2015年02月28日(土)】 遊楽@野岡町(大分県・佐伯市)
ラーメン
22b

佐伯市は大分県内では珍しい、獣の匂いがプンプン主張する脂やニンニクを効かせた
味濃い個性的なワイルド手づくりラーメンを楽しめる地域。

比較的新しいお店ながら、今や有力な老舗を抑えて個人的に優先して食べたいと思っている
遊楽@野岡町(大分県・佐伯市)さんを再訪。

続きを読む

コサカ@蒲江大字蒲江浦(大分県・佐伯市)伊勢海老御膳&魚定食

【2015年04月05日(日)】 コサカ@蒲江大字蒲江浦(大分県・佐伯市)
伊勢海老御膳、 魚定食
31b

平成の大合併で今や佐伯市となった長閑な海辺の町、旧蒲江町。

今春、遂に宮崎と大分間の東九州自動車道が繋がり、只今佐伯ICと延岡南IC間が無料区間となっている。
観光客は蒲江ICを降りたところに設けられた活魚を含んだ産直販売&飲食商業施設、
海べの市(あまべのいち)かまえインターパークや港の手前にある道の駅かまえにバブル的に集中し、
週末はどちらも警備員さんが出て駐車場が満車となるほどの大賑わい。

私達は蒲江ならではの海の幸を楽しもうと、上記の混雑した観光商業施設での食事はパスして
8年ぶりコサカ@蒲江大字蒲江浦(大分県・佐伯市)さんを再訪。
あくまで店構えは静かな蒲江港に佇む目立たない喫茶店風だが、
実はボリュームある魚定食や活伊勢海老の御膳まで楽しめる海鮮食事処。

本日は魅力的な「伊勢海老御膳6500円」とお得感ある「魚定食2000円」を味わった。

続きを読む

三男坊@蒲江西野浦(大分県・佐伯市) ラーメン

【2015年04月05日(日)】 三男坊@蒲江西野浦(大分県・佐伯市)
ラーメン
12b

佐伯市は大分県内では珍しい、獣の匂いがプンプン主張して脂やニンニクを効かせた
味濃い個性的なワイルド手づくりラーメンを楽しめる地域。

平成の大合併で今や佐伯市となった長閑な海辺の町、蒲江の西野浦で佐伯っぽいラーメンを
提供しているらしい居酒屋 三男坊@蒲江西野浦(大分県・佐伯市)さんを訪問した。

続きを読む

点法輪(てんぽうりん)@鶴岡西町(大分県・佐伯市) B豚骨らーめん

【2015年03月08日(日)】 点法輪(てんぽうりん)@鶴岡西町(大分県・佐伯市)
B豚骨らーめんにんにくチップあり
10b

佐伯市は大分県内では珍しい、獣の匂がプンプン主張して脂やニンニクを効かせた
味濃い個性的なワイルド手づくりラーメンを楽しめる地域。

今まで立ち寄っていなかった地元イタリアン、カナールの息子さんが手掛けると云う、
点法輪(てんぽうりん)@鶴岡西町(大分県・佐伯市)さんを訪問。

豚骨ラーメンの外、創作の「トマトらーめん」等もあり、
本日は「B豚骨らーめんにんにくチップあり」を味わった。

続きを読む

藤原来々軒@鶴岡町(大分県・佐伯市) ラーメン

【2015年02月28日(土)】 藤原来々軒@鶴岡町(大分県・佐伯市)
ラーメン
12b

佐伯市は大分県内では珍しい、獣の匂がプンプン主張する脂やニンニクを効かせた
味濃い個性的なワイルド手づくりラーメンを楽しめる地域。

香蘭@鶴岡町さんと共に今や佐伯のラーメンを象徴するような存在となった老舗の、
藤原来々軒@鶴岡町(大分県・佐伯市)さんを再訪。

続きを読む

香蘭@鶴岡町(大分県・佐伯市) ラーメン

【2015年02月28日(土)】 香蘭@鶴岡町(大分県・佐伯市)
ラーメン
10b

佐伯市は大分県内では珍しい、獣の匂がプンプン主張する脂やニンニクを効かせた
味濃い個性的なワイルド手づくりラーメンを楽しめる地域。

今や佐伯のラーメンを象徴するような存在となった老舗の、
香蘭@鶴岡町(大分県・佐伯市)さんを再訪。

続きを読む

風来山人 来々軒@直川大字仁田原(大分県・佐伯市) ラーメン

【2015年02月28日(土)】 風来山人 来々軒@直川大字仁田原(大分県・佐伯市)
ラーメン
10b

ネット創生期、当時佐伯のラーメンで上海(現在は閉店)、香蘭、藤原来々軒と共にワイルドで
個性的なラーメンとして、宇目町のかなり奥まった国道326号線沿いの立地ながら
一部のラーメン好きにも知られ、親しまれていた宇目来々軒さん。

個人的に初めて訪問したのは約11年前の2004年3月27日のこと。
約8年前の2007年2月24日に食べた後に突然閉店してしまうも、
暫くして326来々軒として移動販売という形態で営業されているという情報は入っていた。

現在、実家に店舗を構えて風来山人 来々軒として復活されているとのことで、
「大分県佐伯市直川大字仁田原」という住所を頼りに直川へ向かった。

続きを読む
Archives
Categories
Recent Comments
Profile えぬ(N)

nsan

  • ライブドアブログ