麺が好きィ〜!ブログえぬ(N)

麺を中心に食べ歩き。 福岡、北九州、佐賀、大分、熊本、宮崎、鹿児島、長崎、沖縄、 関東、関西、四国、さぬきうどん、そば等々。 えぬ(N)

徳島県

いのたに鳴門店@鳴門市(徳島県) 中華そば肉卵入+ライス

【2017年7月15日(土)】 いのたに鳴門店@鳴門市(徳島県)
中華そば肉入り(中)+生玉子+ライス
20b

三連休を活用し、二泊三日にて「香川県さぬきうどん巡り2017」へ。

徳島県鳴門市にある大塚国際美術館を鑑賞後、
初日(土曜日)の夕食は徳島ならではのラーメンも楽しもうと、
いのたに鳴門店@鳴門市(徳島県)さんを訪問。

徳島ラーメンを全国区にした象徴的な存在で、
個人的に徳島市の本店では食べていたものの、鳴門店さんでは初めて。

本日は、「中華そば肉入り(中)+生玉子+ライス」を味わった。

続きを読む

大塚国際美術館@鳴門市(徳島県)

【2017年7月15日(土)】 大塚国際美術館@鳴門市(徳島県)
展示
60b

三連休を活用し、二泊三日にて「香川県さぬきうどん巡り2017」へ。

香川県の高松市から隣県の徳島県鳴門市にある観光客で賑わう、
大塚製薬が設立した大塚国際美術館@鳴門市(徳島県)を鑑賞。

大型美術陶板技術を活用し、大量の有名絵画や
大規模なシスティーナ礼拝堂等を再現した大胆なレプリカ展示。

物凄い展示数と規模は圧巻で、全く鑑賞時間が足りなかった。

続きを読む

ふく利 北島本店@北島町(徳島県・板野郡) 中華そば肉玉入り

【2013年11月03日(日)】 ふく利 北島本店@北島町(徳島県・板野郡)
中華そば肉玉入り
10b

徳島県内でひとつだけ残していた離れた県南にある第二十三番札所 薬王寺遍路をすべく、
昨日に続き香川から徳島入り。

遅めの昼食は、昼営業のみの徳島中華そば ふく利 北島本店@北島町(徳島県・板野郡)さんへ。

手持ち徳島のラーメン特集本(2003年発行以降四冊)で派手に見かけていた屋号で、
特に今や懐かしい麺本供TJ Kagawa・あわわ(2005年発行)では
「読者が選んだ徳島のラーメンランキングBEST30」で1位と紹介されていた。

事前のネット情報で北島本店は、以前は勢いよく多店舗展開していた屋号「ふく利」や
別ブランドの「まるたか」&飲食店等を展開していた当時の某会社(2012年破産)とは別経営で、
中華そばの味も別モノとの紹介が目に留まっていた。

続きを読む

麺屋 藤(ふじ)@那賀町(徳島県・那賀郡) 塩らぁめん

【2013年11月02日(土)】 麺屋 藤(ふじ)@那賀町(徳島県・那賀郡)
塩らぁめん
31

徳島県南部の長閑な奥まった立地にて、天然素材の出汁にこだわった
関東を意識したような醤油ラーメンや塩、そしてつけ麺等を提供している
麺屋 藤(ふじ)@那賀町(徳島県・那賀郡)さんへ。

徳島ラーメンとは差別化されたメニュー構成で、
厳しい立地はさておきネット上の評判が良い。

第二十二番札所の平等寺遍路から再び太龍寺へ引き返す形でわざわざ訪問。
醤油らぁめんに続き、楽しみにしていた「塩らぁめん」を味わった。

続きを読む

麺屋 藤(ふじ)@那賀町(徳島県・那賀郡) 醤油らぁめん

【2013年11月02日(土)】 麺屋 藤(ふじ)@那賀町(徳島県・那賀郡)
醤油らぁめん
22b

徳島県南部の長閑な奥まった立地にて、天然素材の出汁にこだわった
関東を意識したような醤油ラーメンや塩、そしてつけ麺等を提供している
麺屋 藤(ふじ)@那賀町(徳島県・那賀郡)さんへ。

徳島ラーメンとは差別化されたメニュー構成で、
厳しい立地はさておきネット上の評判が良い。

第二十二番札所の平等寺遍路から再び太龍寺へ引き返す形でわざわざ訪問。
先ずは「醤油らぁめん」から味わった。

続きを読む

鶴林寺@勝浦町(徳島県・勝浦郡) 第二十番札所

【2013年11月02日(土)】 鶴林寺(かくりんじ)@勝浦町(徳島県・勝浦郡)
第二十番札所
33b

残っていた徳島県南の難所遍路(鶴林寺〜太龍寺)をすべく、
十年振りに高松市から徳島入り。

藍住町より徳島市と小松島市を通過し、
坂細道を進んで勝浦町の鷲が尾の山頂(標高550m)にある第二十番札所、
鶴林寺(かくりんじ)@勝浦町(徳島県・勝浦郡)へ遍路。

12年前から使用している草臥れた四国遍路のガイド本によると、
昔から「一に焼山、二にお鶴、三に太龍」といわれた八十八ヶ所で二番目に
数えられる巡拝の難所とのこと。

続きを読む

王王軒(わんわん軒)@藍住町(徳島県・板野郡) 肉玉子入

【2013年11月02日(土)】 王王軒(わんわん軒)@藍住町(徳島県・板野郡)
支那そば小・肉玉子入り、肉入り
21b

うどん三昧から一転、残っていた徳島県南の難所遍路(鶴林寺〜太龍寺)をすべく、
十年振りに高松市から徳島入り。

個人的に『徳島ラーメン』は徳島市内だと、
たかはし、いのたに、よあけ、笑福亭、巽屋、万平等を味わっていたが、
今回は県北の藍住町や北島町、小松島市、県南の那賀町のお店を訪問。

昼食は楽しみにしていた支那そば 王王軒(ワンワン軒)@藍住町(徳島県・板野郡)へ。
今回味わった中では最も満足度が高い一杯となった。

続きを読む

徳島遍路へ

【2013年11月02日(土)】 徳島遍路へ
鶴林寺〜太龍寺〜平等寺(初日)、 薬王寺(二日目)
10b

三連休を利用して徳島遍路へ。

四国遍路を本格的に始めたのは11年前(2002年)のことで、
これまでに香川県内の全て、そして徳島県の大半と愛媛県の半分を遍路。
高知は学生時代に市内に宿泊し、桂浜や足摺岬等を旅行しただけで遍路は未。

今回は徳島県内で残っていた県南の難所が続く
第二十番札所から第二十三番札所までを二日間で。

続きを読む

徳島ラーメン 岩田家@鮎喰町(徳島市) 茶系こってりスープ

【2011年05月22日(日)】 徳島ラーメン 岩田家@鮎喰町(徳島市)
茶系こってりスープのラーメン(全国うまかもん祭りinグランメッセ熊本2011)
岩田家50

グランメッセ熊本で開催された『全国うまかもん祭り』イベントに出店していた、
徳島ラーメン 岩田家@鮎喰町(徳島市)

徳島ラーメンを掲げた一つのブースにて、
白系あっさりスープと茶系こってりスープの二種を可成家@南庄町と共に同時提供。

可成家@南庄町に続き、徳島ラーメン 岩田家@鮎喰町(徳島市)による
「茶系こってりスープのラーメン」を紹介。

お店の公式サイトを確認すると、全国の催事やイベントに出店しているようで、
『徳島市にある、こってり系徳島ラーメンで有名な岩田家』と謳われていた。

続きを読む

可成家@南庄町(徳島市) 白系あっさりスープ

【2011年05月22日(日)】 可成家@南庄町(徳島市)
白系あっさりスープ支那そば(全国うまかもん祭りinグランメッセ熊本2011)
可成家10

グランメッセ熊本で開催された『全国うまかもん祭り』イベントに出店していた、
徳島支那蕎麦倶楽部 可成家(かなりや)@南庄町(徳島市)

徳島ラーメンを掲げたブースにて、白系あっさりスープと茶系こってりスープの二種を
岩田家??と共に提供。

先ずは、可成家@南庄町(徳島市)による「白系あっさりスープの支那そば」から。

続きを読む

万平(まんぺい)@庄町(徳島市) 中華そば

【2003年11月02(日)】 万平(まんぺい)@庄町(徳島市)
中華そば
万平@徳島市10

2003年11月の三連休を利用して、徳島巡りをした際のラーメン店を紹介。

支那そば 巽屋@住吉で味わった後、中華そば 万平@庄町(徳島市)へ。
徳島での最後の一杯となった。

続きを読む

巽屋(たつみや)@住吉(徳島市) 支那そば肉玉入り

【2003年11月02(日)】 巽屋(たつみや)@住吉(徳島市)
支那そば肉玉入り
巽屋@徳島市10

2003年11月の三連休を利用して、徳島巡りをした際の徳島ラーメン店を紹介。

いのたに@西大工町(徳島市)で味わった後、小松島市へ南下。
第十八番札所、恩山寺@小松島市と第十九番札所、立江寺@小松島市を遍路して
日が暮れた。

徳島最後日の夜は、徳島ラーメンを二軒。
先ずは、濃い赤褐色の支那そば 巽屋(たつみや)@住吉(徳島市)からスタート。

続きを読む

いのたに本店@西大工町(徳島市) 肉卵入りそば・大+白飯

【2003年11月02(日)】 いのたに本店@西大工町(徳島市)
肉卵入りそば・大+白飯(ライス)
いのたに@徳島市10

2003年11月の三連休を利用して、徳島巡りをした際の徳島ラーメン店を紹介。

二日目の夕方、今や徳島ラーメンを全国区にした象徴的な存在となってしまった
中華そば いのたに本店@西大工町(徳島市)へ。

敢えて先に他の気になった徳島ラーメンを三店味わい、
自分のベースを築いてから挑んだ。

続きを読む

たかはし@入田町(徳島市) 支那そば肉入り・大+めし

【2003年11月02(日)】 たかはし@入田町(徳島市)
支那そば肉入り・大+めし
たかはし@徳島市10

2003年11月の三連休を利用して、徳島巡りをした際の徳島ラーメン店を紹介。

徳島遍路二日目は、山奥にある難所の十二番札所、焼山寺@神山町(徳島県)へ遍路した後、
支那そば たかはし@入田町(徳島市)を訪問。

郊外にある飾りっ気のない草臥れた店舗と素朴な味わいで、
この遠征で優先したいお店のひとつだった。

続きを読む

よあけ@二軒屋町(徳島市) チャーシューメン

【2003年11月01日(土)】 よあけ@二軒屋町(徳島市)
チャーシューメン
よあけ@徳島市10

2003年11月の三連休を利用して、徳島巡りをした際の徳島ラーメン店を紹介。

中華そば 笑福亭@末広(徳島市)に続き、
看板に「支那そば」と大きく掲げられたよあけ@二軒屋町(徳島市)を訪問。

有名人気店のいのたに@西大工町(徳島市)同様、
優先して味わいたかったお店のひとつ。

続きを読む
Archives
Categories
Recent Comments
Profile えぬ(N)
  • ライブドアブログ